ペットのブリーダーの選び方からお薬まで情報をお届け

ペットのはなし

    ペットを飼いたい、あの生き物を飼ってみたい、という方は多いでしょう。
    しかし、それぞれの家庭に適した選び方があります。ここでは、各家庭環境別の選び方とコツをお話します。

    まず、アパートやマンションなどの部屋を借りている場合です。こういった部屋の場合、残念ながらペットの飼育を許可されている場所はあまり多くありません。しかし、それはあくまで犬や猫などの場合です。基本的には、カメやハムスターなど、匂いや騒音の心配がない小動物や水槽に入る大きさの熱帯魚などならば、飼育が可能です。ただし、ヘビやサソリなど、明らかに危険な生物を飼育する場合は事前に家主と相談するべきでしょう。アパートやマンションの場合、爬虫類や熱帯魚などの飼育をオススメします。
    次に、一戸建ての庭のある家の場合です。このような家では、犬や猫を飼育することが可能です。池などがあれば、大型のカメや鯉などを飼育することもできます。技術と知識があれば、池を改造してビオトープにすることもできるでしょう。こういった広さを生かした飼育は、庭のある家ならではの長所です。
    ただし、近隣の家庭事情について考慮する必要があります。隣の人が動物の毛に対してアレルギー体質だったり、犬の遠吠えが近所迷惑になったりする可能性もあります。その点をしっかり調べた上で飼育しましょう。

    最後に、動物を飼う際に、最も注意しなければならない点についてです。飼育とは、生命を預かる責任を負うということです。最後まで責任をもって飼育することを忘れてはいけません。

    人気の犬の種類ベスト3

    大手ペット保険が調査した2013年の人気の犬の種類ランキングにそって、1位から3位までのワンちゃんの魅力をご紹介します。 まず第3位、ミニチュア・ダックスフンドです。徐々に飼育頭数は減ってきてはいるものの、未だに根強いダックスです。その魅力はやはり、短い足に長い胴。短い足でちょこちょこ一生懸命歩いている姿は本当にかわいらしいですね。性格も明るい子が多く、表情豊かで喜怒哀楽も読み取りやすいです。成犬の平均的な体重は5キロ前後です。注意したい点をあげるとすれば、興奮しやすい子が多く、音に反応して吠えたり、知らない人に吠えたりすることもあるということでしょうか。ただ、きちんとしつければ済むことです。胴が長い分、ヘルニアになりやすいので注意が必要です。 続いて第2位、チワワです。安定した人気を誇っているチワワ。チワワの魅力は何と言っても、小さな身体にうるうるとした大きな瞳です。サイズは2キロ前後と小さな子から5キロ近い大きめな子まで多様です。非常に小さいため、飼育スペースもとりませんし移動も楽ちんです。警戒心が強いタイプの子が多いのですが、その分、飼い主や家族には絶対の信頼を持って愛情を示してくれます。注意点は、華奢な身体なのでちょっとしたことでも怪我をしてしまう恐れがあります。また寒さにも弱いので外出時は注意です。 そして第1位、トイ・プードルです。年々、飼育頭数が増えています。テディベアカットのトイ・プードルはまさにぬいぐるみのような可愛らしさで、見ているだけで癒されます。体重は3キロ前後になります。カラーも多様で、トリミングのカット方法も様々です。日本では圧倒的にテディベアカットのトイ・プードルを見かけますね。賢く、穏やかな性格の子が多く、被毛が抜けずらいのも魅力です。トイ・プードルに限ったことではないのですが、毛が伸びる分、足裏のカットはこまめにしてあげて、フローリング等で滑って怪我をしないよう注意してあげてください。

    最近大人気の猫ちゃん

    猫は、見た目が愛嬌ある種類が人気です。1位には、スコティッシュフォールドが人気で、耳が少し垂れていてボディがふっくらとしています。 おちつき度合いと毛の手入れのしやすいイギリス産です。毛がとても柔らかく、肌触りが良いのも特徴です。お茶目で、温和な性格で飼いやすい特徴もあります。簡単なブラッシングで、品のある風貌が魅力的です。 どこか日本的な外見で、愛くるしい顔のマンチカンも素敵です。おちつきがあり、短い足が素敵です。1983年に発見されており、陽気な性格です。甘えん坊で、木登りも上手く出来ます。運動出来る場所を確保して、高カロリーの食事を与えます。 耳が薄く、ピンと縦に立たせるソマリは、気品のある賢そうな表情をして素敵です。毛色がルディやフォーという特殊な色があり、目の色がへーゼルやカッパーなど変わっています。 アビシニアンが起源で、頭が良くて落ち着きがあります。忠実な性格と、大人から子供のよう色々な表情をみせる面白い特徴があります。 ノルウェージャンフォレストキャットは、ホワイトやシナモンなどの毛色が9種類もあります。強気さや人見知りなど色々な動きをみせる猫です。ブラッシングとコーミングを数回する必要性がり、高カロリーの食事を好みます。 子猫


    • ペット業界で働くために

    • ペットと言えば、思い浮かぶのは「犬」と「猫」だと思います。自分自身も友達や知り合いでも犬や猫を当たり前のように飼っていると思います。ではどれだけ飼われているか知りたくありませんか。一般社団法人ペットフード協会が発表した「平成24年度 全国犬猫飼育率調査」によりますと、犬と猫の飼育数は約2130万頭で、そのうち犬は約1155万頭、猫は約975万頭となっています。

      前年と比べると横ばいのようですが、数を見ますと、どれだけ日本で飼われているか分かると思います。数人に1頭は飼っている計算で、日常当たり前のように見るのも納得できます。

      ご存知の通り、これだけペットが多くなれば、ペットに関わるビジネスの市場を伸びているようです。ペットショップ、動物病院、トリマーなど様々な仕事があり、今後ますますニーズが増えていく仕事だと思います。もし知識や技術など身に付けたいと思っている人は、専門学校に通うのも一つの手だと思います。

      専門知識があれば仕事の幅も広がりますし、就職もしやすいと思います。もし専門学校を取りたいのであれば、こちらのサイトを確認下さい。専門学校をジャンル別検索するならe-専門学校ガイドがお勧めです!自分が好きな犬や猫に関わる仕事ができるのは一番幸せですからね。

      ただ色々なペットに関わる専門学校がありますので、下記サイトなどを使ってご自身で確認すると良いでしょう。専門学校検索のe専門学校ガイド



↑ページトップへ戻る